shuriの趣味

30代半ばの主婦がバイクライフとキャンプライフを満喫したいブログ

バイク教習の思い出【普通二輪】

バイク初心者のshuriです。

 

バイクの免許はつい最近取得したばかりなので本当に超絶初心者です。

今ではもう懐かしいとすら感じる教習期間。

まずは普通二輪教習です。

 

大型二輪免許の思い出はこちら。

 

バイクの免許取得を目指したきっかけ

去年、夫が普通二輪と大型二輪の免許を取得しました。

時間にかなり余裕がある時期だったので、教習所に通いつめてどちらも最短で卒業してきました。

「こんなに短期間で取れるんだ!私もバイク乗ってみたい!」ということでバイクの免許取得を決意しました。

 

しかし私は忘れていたのです。

夫は運動神経が良く身体の使い方がとても上手いということと、私は鈍臭くて身体を思うように使えないということを…

 

 

いざ教習所へ入校

私が入校したのは近所の教習所。

夫がここで大型二輪の教習に通っていて

  • 紹介特典がある
  • マンツーマンで教えてくれる
  • 普通二輪と大型二輪に続けて通うと割引がある
  • 家から車で5分

ということでこちらの教習所に決めました。

 

2020年12月頭に入校。

夫が通っていた感じから「年末年始休みもあるし、年内に普通二輪、年明けに大型二輪を取れる感じかな」と想定して教習を開始しました。

 

 

普通二輪の教習開始

教習が始まってまずぶち当たったのは

「バイク重すぎ問題」

「アクセルワーク難しすぎ問題」

でした。

 

バイク重すぎ問題

重すぎてまず取り回しが難しい。

教官のバイクは紙で出来てるの?と思うレベルでスイスイ動かしてました。すごい。

想像してたよりずっと重いし、少しの傾きでもずっしりくるので1速に入れる時などの足の入れ替えはかなり気をつけました。

 

アクセルワーク難しすぎ問題

私は原付すら乗ったことがなかったので、スロットルを回したことがありませんでした。

アクセルってあんなにシビアなの…?

じんわり開けたはずなのにピューっとなって、びっくりしてアクセル戻してエンジンブレーキで減速して、またじんわり開けたはずなのにピューっと…の繰り返し。怖い。

 

教習が進むにつれ重さやアクセルの扱いに慣れていきましたが、かなり苦労しました。

この動画を見て「アクセルはドアノブ…アクセルはドアノブ…ドアノブ夫…」と練習&練習。

 

 

第一段階が終わらない

原付未経験かつ自転車も10年以上乗っていない私には、まず二輪の乗り物に慣れるという段階が必要でした。

そのため課題が全然進まず教習時間だけがどんどん過ぎていきます。

既に規定時間を4時間オーバー。

でも教習手帳を見るとまだ⚪︎がついていない項目がズラリと並んでいます。えぇ…?

 

普段からMT車に乗っているので、幸いにもクラッチやエンストの知識や半クラの意識が染みついているのですが、何しろ車とバイクでは操作の仕方が違うのです。

頭ではわかっていても身体が上手く操れない…

 

2020年の年内に普通二輪の免許取得予定でしたが、第一段階すら終わる気配がありません。

もう一生第一段階なのかな…

もはや免許を取れる気がしない…

 

 

予約が取れない教習所

近くに高校があり進路が決まった高校生がたくさん入校して混んでいて、とにかく予約が取れませんでした。

年内の教習はクリスマスの朝で早々に終わってしまい、年明けに持ち越し…身体が覚えていてくれるのを祈りながら帰宅しました。

 

また技能教習始まったばかりの車も場内にたくさん。

車とバイクのコースが共通の教習所だったので、渋滞&渋滞。

おかげで低速走行がめちゃくちゃ上達しました。

でも私も普段車を運転している時に近くにバイクが走ってると気をつかうので、車の教習が始まったばかりの教習生からしたらバイクが場内をウロウロしていたのは嫌だっただろうな。

 

あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

最短14日間の合宿免許 自炊プランなら168,000円~

 

乗車券が足りませぬ

年が明けて教習が再開しました。

最終的に8時間オーバーで第一段階が終了。

まさかの第二段階の分の乗車券を使い切ってしまいました。

お財布にダメージダメージ…

第二段階はオーバーしない!卒検も一発で合格だ!

そう心に誓いました。

 

 

すんなり終わった第二段階

あんなに苦労した第一段階でしたが、第二段階はあれよあれよと順調にいきました。

えっ本当に大丈夫なのかよ…と思いましたが、既に卒業しててもおかしくない時間バイクに乗っているわけで。

教官からも「だいぶ安定してるね!」と言われるも複雑な気持ち。

でも基本的な扱いもできないまま卒業するのは怖いので、マンツーマンでできるようになるまでしっかり教えてくれるのはとてもありがたいことです。

第二段階ではオーバーせずにみきわめ合格。

ついに卒検です。

 

 

とにもかくにも一発アウトは避ける

卒検では一発で検定中止になる項目があります。

その中でも特に心配だったのが、クランクのパイロ接触一本橋の脱輪でした。

一本橋スラロームのタイムは減点覚悟で、とにかく一発アウトだけに気をつけて卒検に挑みました。

 

結果は合格

今まで苦戦していたのが嘘のように第二段階から卒業までサラッと終わりました。

まぁそれも第一段階の基礎的な練習をたくさんしたからだと思います。

私にとって必要な時間(あとお金)だったのですね。

 

 

次は大型二輪免許

そんなわけで予定よりも時間はかかりましたが、普通二輪の免許を無事にゲットしました。

そして免許センターで免許を書きかえたその帰りに、ATMでお金をおろしてそのまま教習所へ。

大型二輪教習を申し込みました。

 

普通二輪教習の卒業から1か月以内に入校すればかなり割引されるということで、これでオーバーした乗車券をチャラにできそうです。

予定では浮くはずだったお金なんだけどな…

 

↓よかったらポチッとお願いします😊

にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ